スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめんね、フィオくん

ワンコ飼いのみなさん、ワンコのご飯はどうされていますか?

我が家は基本、手作りご飯です。

どうしても用意が出来ない時などにカリカリをあげる事もあります。

さて。

今日はワンコのご飯についての私の失敗談を。



先日、フィオ用のお肉が無くなってしまいました。

いつものように、次回買える時までカリカリをあげようと思いました。

ちょうど、今まであげていたカリカリも無くなり、

以前もらった未開封のフードをあげることに。

いつもあげているカリカリはしっかりと中身を吟味して

フィオに合うフードを購入していますが、

頂いた物については特に気にかけずにいました。

それが、大失敗の元だったんです。


フィオにカリカリをあげようとフードボウルに出してみると

ん???なんかちょっと、この匂いはなぁ・・・。

と、感じたんです。

でも、他にあげられるものもないし、とりあえずあげるか、と。

フィオくん、基本的にはカリカリはあまり好きではありません。

なので、今回も渋々食べ始めていました。


その日は特に何の問題もなかったんです。

翌日。

なんだか体を掻く事が多くなってるなぁと気が付きました。

そして、その翌日。

フィオの様子がおかしいと、完全にわかりました。

ひっきりなしに、どこかをカジカジ、カイカイしています。

体を触るといつもより熱い。

体全体をくまなくチェックしても虫もいないし、見た目には異常はない。

とりあえず、かなり熱そうにしていたので保冷材で体の体温を少し下げてあげる事に。

そうすると、狂ったようにカジカジカイカイしていた行動が落ち着いてきました。



何が原因なのか、必死に考えました。

ノミやダニなのか、それとも他の病気なのか。

もしくはアレルギーなのか・・・。

アレルギー!!!

うちのフィオくん、実は食べ物のアレルギーがあります。

とは言っても、病院で検査をしたのではなく、

被毛を送るとアレルギー検査が出来ると言うところにお願いをしました。

なので、正直言うと、あまりあてにはしてなかったんですね^^;

で、そのアレルゲンですが、鶏肉なんです。

いつもあげているご飯もカリカリも、鶏肉は一切上げていません。

でも、この間あげた頂いたフードには鶏肉が入っていました・・・。


なんてひどいことをしちゃったんだろう。

そう思って、すぐにフィオのデトックスを開始しました。

まずはご飯を手作りご飯に戻して、そこに

ジェモセラピーコモンジュニパー

バッチフラワーレメディチェリープラムクラブアップル

体が熱くなるとかゆみが増すので、保冷材で冷やす。

これらの事を2日間実行しました。

フィオくん、かなり辛そうにしていたので、

何度も病院へ連れて行こうと思ったのですが・・・。

行っても痒み止めをしてもらうだけだと思い、やめました。

体に合わないものを外に排出さえしてしまえば、落ち着くはずですから。


今日で3日目ですが、狂ったように掻いたり、かじったりする事はなくなりました。

体温も触った感じではだいぶいつも通りに戻っています。

フードの合わなかった成分が体外に排出されたんでしょうね。


これでおさまらなかったら病院へ連れて行くつもりだったので良かったです。

私が言うのも何ですが、自己判断は程ほどに(笑)



みなさんも、いつも常備しているご飯がなくなった時、

何か新しいものを与える時、ちょっと注意してみてくださいね。

まぁ、私のような大失敗をするような方はいないと思いますが^^;



フィオくん、辛い思いをさせてしまってごめんね。

o0480064012123083274.jpg
関連記事
スポンサーサイト

theme : わんことの生活
genre : ペット

Secret

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

本館サイト

本館ホームページはこちらからどうぞ♪
シルバーの写真や病気の事などを載せています。


リンク

最近のコメント

最新の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

クリック募金

プロフィール

MEGU

Author:MEGU
ペットライフカウンセラーです。
ペットとの生活をトータルでサポートいたします。

メールフォーム

≪お問い合わせ・メッセージ≫

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ





リンク先:バッチフラワーレメディ

フラワーレメデイでいつも癒してくれているわんこを癒してあげましょう


楽天市場


♪BGM

©Plug-in by PRSU
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。